コンビニでの食べ物でタンパク質を効率的よく補給!

コンビニで食事をするとどうしても栄養が偏りがちの選択しになってしまいます。

しかし、そんな生活をしていると肥満や生活習慣病、そしてダイエットをしている人には効果が見られませんよね。

食事において重要ともいわれるタンパク質をしっかりと摂取する方法をご紹介します。

コンビニで買えるタンパク質の含有量が高い食べ物

まずタンパク質は何かというところから。

肉・魚・卵・乳製品・大豆製品という5種類です。つまりこの5種類をうまく食事に取り入れるということです。

サラダチキン

低カロリーかつ高たんぱくといえるのはどこのコンビニでもおいてあるサラダチキン。今回はローソンのものをご紹介します。

ローソンでは238円(税込)です。鶏肉なのでタンパク質の含有量も高くアスリートやトレーナーも食事に取り入れています。他にも味がバジル味などもあります。

切れてるだし巻き玉子

卵を安く、おいしくおかずとして取り入れることができるのが切れているだし巻き玉子。138円(税込)と低価格かつさっぱりとしているのでおかずとしても最適です。

クリーミープレーンヨーグルトドリンク

もしデザートを食べたいときにはこちらのヨーグルトドリンクをおすすめします。長時間発酵させて仕上げたファミリーマート独自のヨーグルトドリンク。

185円(税込)手軽に持ち運べてタンパク質も取れるのはうれしいですね。

高タンパク低カロリー食材

一般的に高たんぱく低カロリーの食材というのはどんなものなんでしょうか。先ほどご紹介したように5種類のタンパク質ではお肉は鶏肉、中でもささみは脂質が少ないのでお勧めです。また、魚では赤身より白身魚。

乳製品は牛乳やヨーグルトで摂取するときは無脂肪のものをおすすめします。なぜならば乳脂質は脂肪として蓄えられやすいからです。

大豆製品は納豆や豆腐など。植物性のタンパク質なので脂質量が少ない!

おにぎりは?

さてコンビニで買い物をするとどうしても炭水化物がメインとなってしまいます。特におにぎりは安く、手軽で食べやすいですよね。

今では色んな種類のおにぎりが出ていますが選んだほうがいいのは鮭、卵(マヨネーズを使用していないもの)シーズンによっては枝豆がはいったおこわなどがいいでしょう。

イクラなども味はおいしいですが脂質量が高いのでおすすめはできません。

飲み物は?

先ほどもご紹介したように飲むヨーグルトや低脂肪牛乳がおすすめです。

今ではアーモンド牛乳などもあるので大豆製品と乳製品が同時に摂れるので女性にも勧めたいですね。

いつもの食べ物と置き換えよう!

例えばいつもはサンドウィッチの人はおにぎりにしてみたりして先ほどの具材を選んでみるといいでしょう。

サンドウィッチは野菜も摂れますがバターやマヨネーズを使用していることが多いので変えてみたり、デザートも食べるのではなく飲むヨーグルトにしてみたりと一つだけでも変えてみるといいでしょう。

おやつ・お菓子・スイーツ編

普段スナック菓子を食べている場合はおつまみでもあるカルパスやお魚のソーセージにしてみるといいのではないのでしょうか?

現にスイーツだと糖質や脂質量がメインとなってしまいタンパク質はメインになりませんのでドリンクや健康補助食品などで置き換えてみるのもありかもしれませんね。

プロテインバーやライザップコラボなど

もし近くにファミリーマートがあるのであればライザップとコラボ商品が限定で発売されているのでそちらを購入することをおすすめします。

ライザップの栄養士が監修した商品でもあり、糖質を下げているだけではなくタンパク質も重視したものが多いです。

もしデザートを我慢できないときには、濃密レアチーズケーキがおすすめ。

また、プロテインバーなども糖質だけではなくタンパク質も摂取できるのでかなりおすすめです。コンビニには確実においてあるのでそちらを購入してみるのもいいですね。

コンビニ食ではちょっとした工夫一つでタンパク質を効率的に摂取することができます。
それはまずタンパク質はなにかということを頭に入れておくことが大切です。

手軽になんでも揃っているからこそ活用できるコンビニは利用するならうまくカスタマイズして取り入れることがベストですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする