女性の筋肉量の平均は?自分の筋肉量と脂肪量を知って、理想の体型を目指そう!

ダイエットをしている女性だとどうしても気にしてしまうのが自分の体重…。

しかし、体重よりももっと大切なことがあるのです!それは体脂肪量と筋肉量です。

あなたはご自身の体脂肪量や筋肉量がどれくらいかを知っていますか?

そこで今回は女性の筋肉量や体脂肪量にスポットをあてていきたいと思います。

20代・30代・40代!女性の筋肉率

まず知っておきたいのが年齢ごとに女性の筋肉量の平均というのは変わっていきます。

20歳が体力や筋肉量のピークをむかえ、徐々に右下がりになっていくのが一般的な人間のグラフです。

筋肉量の平均を見ていきたいところですが身長と平均と体重により差がでるものですので平均は出せませんが筋肉率をだすことはできます。

そこで年齢別に女性の筋肉率を見ていきましょう。

年代別筋肉率

20代…39%
30代…37%
40代…33%

本当に見てわかるように年齢を重ねていくとわかっていきますね。

女性の理想的な筋肉率と体脂肪率

女性はやはり理想の体型でありたいというもの!いくら男性が「ぽっちゃりとした女性が好き」といっても本人は気になりますよね。

では一体どれくらいが理想的な筋肉率と体脂肪率なのでしょうか?

筋肉率:約35%~40%以上

体脂肪率:20~23.7%程度

女性の場合、生理がありますよね。もしかしたら聞いたことがあるかもしれませんがアスリートなどで体脂肪率が低い女性は生理が止まることもあります。

それは脂肪がホルモンの働きを助けているからです。低ければ低いということではありませんね。

モデル体型の筋肉率と体脂肪率

モデル体型はやはり骨格などに関係してくるでしょう。身長も小さい人もいますからね。気になるのは筋肉率や体脂肪率になります。

ただ、何とも言えないのが「モデル体型」というくくり。中にはがりがりのモデルさんもいればしっかりした体型のモデルさんもいます。

あくまでも私の意見ですが理想の体型=モデル体型を目指すことがいいことかと思います。

自分の筋肉量と脂肪量の求め方

今ではサイトやアプリなどで筋肉量や体脂肪量の計算式を算出することが簡単にできますが覚えておくことも大切です。

①体重×体脂肪率=体脂肪量

例)55kg×0.22=12.1kg

②体重-体脂肪量=除脂肪体重

例)55kg-12.1kg= 42.9kg

次に脂肪以外の物の重さ(骨、内臓、筋肉等)が除脂肪体重になります。

③除脂肪体重÷2= 筋肉の量

例)42.9kg÷2=21.45kg

これで筋肉の重さが算出されます!

女性も筋肉量を増やすべき理由

「痩せたい」と思っている女性は世の中に多いでしょう。

しかし、体重を落とすことがダイエットというわけではありません。

ある程度の筋肉量をつけないと不健康にも見えてしまいますし、効率的にダイエットすることができないからです。

筋肉量を増やすことにより脂肪を燃焼する力が強くなるのですよ!

だからこそ筋肉量を増やすことは重要になります。もちろん、引き締まった体づくりもできますからね。

筋肉量を増やすのにおすすめ筋トレ①

おすすめはスクワット!足を肩幅に開いて体の前で手を組みます。次に膝がつま先より前に出ないようにしましょう。そのまま真下に沈み込みます。ゆっくり元の位置に戻りましょう。

大腿四頭筋は身体の中で一番大きな筋肉です。筋肉量を増やすにはもってこいですよ。

特にジムなどで重さを扱うときは10回~12回が限界というウエイトで行うといいでしょう。

筋肉量を増やすのにおすすめ筋トレ②

もう一つご紹介するのがプッシュアップ、いわゆる腕立て伏せです。しかし女性は腕の筋肉量が少ないため体が持ち上がらない場合もあります。そんなときは壁を使いましょう。

身体を壁に対して45°にして肩から一直線上になるように手を置きます。そしてそこから同じように腕立て伏せをするだけですよ!

筋トレは辛いと継続できなくなりますからね。

まとめ

痩せたい、痩せたいといっていても、なかなか痩せることはできませんよね。自分の現状を知り筋肉量を増やしたり体脂肪率を減らすことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする