痩せやすい体質作りでダイエット成功へ!自宅で簡単体幹トレーニング

夏になると「痩せたい!」そんな思いが強くなります。

なぜならば夏は洋服や水着でも露出をしたりする機会が増えるからです。男性でも女性でも肉体改造に今から走っている方は多いでしょう。

そこで今回は自宅でできる簡単体幹トレーニングをご紹介します!

体幹トレーニングとは具体的にどんなもの?

まず、体幹とは腕や脚、頭を除く胴体にあたる部分のことを指します。逆に言えば胸やわき腹、腹筋などのおなかまわりにある深層部の筋肉のことです。

聞いたこともある人もいるかとおもいますが、「腹斜筋」「腹横筋」などはその「体幹」にあたる部分です◎

体幹トレーニングとは、その身体の体幹(インナーマッスル)を鍛えるトレーニングのことをいいます。

体幹がしっかりしていると気になる下っ腹やわき腹のお肉を引き締めることができるのです。

体幹が弱いとどうなる?

では体幹が弱いとどうなってしまうのでしょうか?実は姿勢が悪くなり猫背になってしまうことや、骨盤が歪み下っ腹がぽっこりとでてしまうことがあります。

よく街中で歩いている人を見ると猫背のままの姿勢で歩いている方いませんか?そのような方というのは身体を支える筋肉のバランスも悪くなるので代謝も非常に悪くなります。

つまり、痩せにくい体になってしまうのです!!ですから体幹を鍛えることは非常に大切なことといってもいいでしょう。

簡単体幹トレーニングのやり方

ホバー

まずは体幹トレーニングの基本でもある「ホバー」。もしかしたら学生時代部活動などでやったことがある人もいるかもしれません。そんな学生ができるくらい簡単なものですので安心してくださいね。

うつ伏せになり肘をマットの上に90度になるように付けましょう。両足を軽く開きお尻が天井に向かって飛び出ないように、逆におなかが落ちてしまわないように頭から足先まで一直線を保ちます。そのまま呼吸を止めずに30秒キープしたままです。

ポイントは、頭の先からかかとまで一直線を常に保ったままにすることです。

サイドホバー

続いてご紹介するのがサイドホバー。脇腹の筋肉腹斜筋を鍛えるトレーニングです。
横になり肩から一直線のところに肘をつきます。

その状態から両足は揃えて手は写真のように横に添えてもOKです。気を付けるのはこの時にフラフラしないこと、横からみたときにお尻が後ろに出て身体が「くの字」にならないこと。

そしておなかの位置を落とさないことです。このままの状態で30秒キープしましょう。30秒行ったら今度は逆側に挑戦してバランスよくトレーニングをしましょうね。

結構ありがちなのが、時間がたつと床側のおなかが重力で落ちてきてしまうこと…。これを耐えるように、常に姿勢は最初の状態を保ったまま行ってみましょう!

腹筋や体幹トレーニングというのは、よほどハードに行わない限りは、毎日行っても大丈夫です。

これをやるだけでも短時間で簡単に痩せやすい身体作りを目指すことが出来ます。これであなたも素敵なボディを手に入れましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする